水虫治療の中でも最も難しいものとされるのが爪水虫の治療です。
爪水虫は水虫の原因となる白癬菌が爪の内部に感染してしまうことによって引き起こされるものであり、爪が白濁したり、弱って欠けるようになったりといったような症状が出てくることになります。
本来の水虫治療においては塗り薬が使用されることも多いのですが、実は爪水虫治療においては塗り薬は非常に効きづらいという特徴があります。
爪水虫は通常の水虫とは異なり爪の中で菌が繁殖し、そして爪というものは通常の皮膚よりも遥かに硬い組織を有しています。
そのため薬剤が爪の奥まで浸透することが難しく、その上爪の表面には油分があるためそれによって薬剤がはじかれてしまうからです。
薬剤を密封することで爪水虫治療を行ったという人もいないわけではないのですが、効果的な治療をするのであれば塗り薬以外の方法で治療をしていくことを考えなくてはなりません。
ではこの爪水虫治療において選ばれる治療としてはどういったものがあるのかというと、基本となるのはラミシール錠などの飲み薬です。
飲み薬で直接爪水虫を治すのではなく、新しくできてくる爪から白癬菌を追いだすことで、爪を生まれ変わらせるというのがその方法になります。
加えてこの飲み薬による治療では爪のみならず全身の皮膚に対しても効果を期待できるため、全身の水虫に対して強力な対策を打ち立てることができるというメリットもあるのです。
このラミシール錠は通販で購入可能なので、病院へ行く時間がなく爪水虫を放置している場合は、こちらを利用して早急に治療を開始しましょう。
皮膚の生まれ変わり、爪の生まれ変わりにはかなり長い時間がかかるということは忘れてはなりません。
足の爪の場合は治療に半年ほどかかるケースもありますから、根気強く治療を続けていかなくてはならないのです。
そういった点も含め、通販はラミシール錠をある程度まとめ買いもできますから、おすすめの購入方法です。